ホーム
ホーム >> くさつがわ家とお隣さん
 
 にゃんこ
 最近、大切な家族の一員として犬や猫を飼う人も多い一方で、飼いきれなくなって捨ててしまう人もいます。捨てられた犬や猫の多くはやがて野良犬・野良猫となります。
 特に猫は繁殖力が強い動物で、やがて「近所で野良猫が増えて困っている」「敷地内に猫が入って花壇を踏み荒らす」「公園に猫が群れて、砂場にフンをする」「夜中の猫の鳴き声がうるさい」といったトラブルを地域で引き起こすケースがあります。

 まちには猫が苦手な人や実際に迷惑を被る人もいます。当然、駆除を求める声も出てきます。ただし、犬の場合なら「狂犬病予防法」に基づいた対処ができますが、猫の場合は法律もありません。つまり、役所は苦情を聞いても駆除を目的とした捕獲や引き取りはできません。

 この野良猫問題に即効性のある対処法はありませんが、これ以上増やさず、ゆるやかに野良猫を減らしていく方法にTNR*があります。捕獲して去勢・不妊手術を施して元のナワバリに戻すというもの。ただし、これには行政や専門機関との連携(資金支援も含む)、なにより地域の皆さんの理解と協力が必要です。つまり、地域の問題として受け止め、猫を適正に管理しながら見守り、飼い主のいないネコをなくしていこうとする取組です。

 また、そもそも野良猫を増やさないことも大切。猫は字を読めませんが、飼い主さんや野良猫にエサを与えている人となら一緒に対策を考えることはできます。動物が好きな人も苦手な人も、そして動物たちも共に生きられる社会をめざして、地域でできることを考えていきたいですね。
 これってやっぱり、みんなの問題。
 
*
ほかも見たい