ホーム
ホーム >> くさつがわ家とお隣さん
 
 そうじゃった
 タマが見つかってよかった。それにしても、このまちの動物たちの情報網、ネットワークは時にすごい力をみせてくれるようです。
 さて、掲示板の話。今回は掲示板で知らせたことから解決につながりました。では、あなたはどれくらい掲示板を見ていますか。あなたのまちでは掲示板を上手に活用していますか。家に回ってくる回覧板に比べ、あえて見に行く必要性のある掲示板の効果はわかりにくいかも知れません。にも関わらず、掲示板の管理をする役員さんの負担はなかなかのもの。手間がかかる割に効果がわかりにくい、となると役員さんの徒労感にもつながりかねません。掲示板は普段から見られていることで、いざという時に強い力を発揮してくれるのです。

 掲示板の使い方やルールは、まちによってちがいます。私(com-com)のまちでも、掲示板に貼ってあるお知らせとほぼ同じものが回覧板でも回ってきます。そこで、回覧板とは少しちがう役割を持たせてみるというのはどうでしょう。「犬の赤ちゃんが生まれました」「ベビーカー譲ってくれませんか」など掲示板の一角を住民の誰もが使える『お知らせコーナー』にするとか、「○○ちゃんが市のコンクールで表彰されました」や地元のスポーツ少年団の試合結果など、他愛ないかも知れないけどみんながハッピーになるような身近な情報を出すのもいいですね。子どもの作文や高齢者の俳句の発表の場にするのも、アリだと思います。実際に掲示板を使って隣のまちと情報交換をしているところもあるようです。

 掲示板はまちのみんなのもの。そのまちらしいアイデアとやり方でユニークな掲示板がたくさんあれば楽しそうですね。
これってやっぱり、みんなの問題。
 
*
ほかも見たい