ホーム
草津インタビュー
ホーム >> 草津インタビュー
ページ  1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14
 
 イマドキのマンション事情
*
(株)くさつビル  中島哲男さん・吉浩さん
 市内のアパートやマンションの物件管理やメンテナンスを手がける(株)くさつビルの中島哲男さん・吉浩さん親子に、プロの眼から見た「イマドキのマンション事情」を聞きました。
 

 
 “ファミリー”から“大人”のマンションへ
*
ファミールハイツ草津町内会長 大木康至さん
 夕方5時。童謡「たき火」の鐘の音色が、草津駅の西口一帯に鳴り響きます。そろそろ夕飯時、公園や空き地で遊ぶ子どもたちも家に帰る時間です。 ここはファミールハイツ草津。3棟からなるこのマンションには約440世帯、1150人が暮らします。
 

 
 私と家族とまちを元気にする野菜たち
*
笠縫東グリーンマーケット
 あなたは野菜をどこで買いますか。 スーパー、八百屋さん、コンビニ、生協、ネット注文、いやいや自分の畑で作っている…。色々な答えが返ってきそうです。 地元のまちづくりセンターで新鮮な野菜が買えるんです、って言ったら驚きますか。
 

 
 チャレンジ!野路いも復活プロジェクト
*
草津芋栽培研究会
 野路。 都市化が進む草津市内の中でも、大きくその表情を変えてきたまちの一つです。今、この野路でひとつのチャレンジが始まっています。その名も「野路いも復活プロジェクト」。草津に永く住む人なら懐かしく感じる「野路の芋」。 たった一軒の農家が大切に守り続けた野路いもの美味しさに、舌つづみを打つ日も近いかもしれません。
 

 
 “よ~い、スタート”……“カット!” まちの映画、ただいま撮影中。
*
矢倉地域文化継承プロジェクト  河崎凱三さん 梅岡勝さん
 矢倉では一年おきの春に東海道筋を練り歩くサンヤレ踊りが、また毎年秋には草木団子を奉納する草木祭が行われます。これらの神事を継承しているのは約400年前に幕府の命により組織された「居住組」の皆さん。  この2つのオコナイと居住組の歴史を通じて、地域文化を継承する大切さと家族のきずなを描く自主映画「サァ~行こか」の制作が今、進んでいます。
 

ページ  1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14