ホーム
草津インタビュー
ホーム >> 草津インタビュー
ページ  1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13
 
 いただきます、ごちそうさまでした。 「ふじっこ青空ファーム」の挑戦
*
富士産業(株)グループ
 いつまでも自分らしく、健康で元気に、このまちで暮らしたい。誰もがそう願っています。  もちろん、健康づくりは一人ひとりの心がけと行動が大切ですが、自分だけでは難しいのもホントのところ。でも、大丈夫。まちにはあなたの健康を見守る目があります。  今回はあなたのココロとカラダの健康を見守っている、そんな「優しいまなざし」をご紹介します。
 

 
 キミたちのさがしものは、この本の中に。
*
草津市立図書館YAコーナー
 色々と悩みを抱え、自分を深く見つめる中高校生時代。友だちや身近な大人にも相談できず、独り悩むことだってあります。そんなキミたちにおススメしたいのが素敵な本との出会い。キミの心や気持ちに寄り添い、ときには元気や勇気をくれる本がここにはあります。
 

 
 飛び出し坊やは、飛び出さない。
*
オムロン労働組合の地域社会貢献活動
 未来ある子どもたちの安全を守るため、まちにある企業や事業所も一役買っています。オムロン(株)草津事業所の労働組合では地域社会貢献活動の一つとして、滋賀が誕生の地として今や有名になった飛び出し注意の看板「飛び出し坊や」を組合員でつくって市内の各学区に寄贈しているお話です。
 

 
 14年続くあいさつ運動 まちの子は、みんな孫。
*
富樫眞吾さん(若竹町)
 朝8時。渋川小学校には今日も子どもたちが続々と登校してきます。みんな元気です。「おはようございます、おはようございます」。校門でひときわ大きな声を子どもたちにかけるこの方は「富樫のおっちゃん」こと、富樫眞吾さん。14年間子どもたちを見守り、あいさつを続けてきました。
 

 
 未来。みんなで考えないと間に合わない。
*
檀原弘行さん(野路) 草津川跡地プロジェクト「くさねっこ」運営チーム
 草津川が川としての役割を終え、生まれ変わります。憩い、みどり、つながり、にぎわい…。川の跡地をつかった細長い公園、どこにもない草津の新しいシンボルの姿は、行政だけでなく市民が一緒に考えました。でも15年以上も前に跡地利用の市民案があったって聞くと驚きます?
 

ページ  1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13